SSブログ
前の10件 | -

宇宙の小石 [本と雑誌]


宇宙の小石 (1966年) (ハヤカワ・SF・シリーズ)

宇宙の小石 (1966年) (ハヤカワ・SF・シリーズ)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2020/10/15
  • メディア: -



今日は休養のために休暇を取っていたので久しぶりにゆっくり読書。大好きなアソモフ御大の長編です。

舞台は遥か銀河文明華やか利子時代、宇宙の片隅に、小石のように忘れられた地球。

このころの地球は人類発祥の地であることもとうの昔に忘れ去られ、妙なプライドと猜疑心を抱えた地球人たちと、彼らを見下す銀が沁みんという構図の社会になっています。

放射能で埋め尽くされた地表は食料生産に適さず、「60台の掟」により60歳を迎えたもの、もしくは何らかの理由で働けなくなったものは無差別に安楽死させられ、次代に資源を譲るという仕組みになっています。

ある日、現代の地球から突然タイムスリップした仕立て屋のご隠居さんがこの世界に放り込まれるところから話が始まります。

最早英語も通じない社会で市民登録もなく、途方に暮れる御隠居は、たまたま「60の掟」にこっそり背いた秘密のある農家だったが故に保護され、処置に困ってある人体実験の志願者として都会に連れていかれるのです。

この実験は人の脳の働きを劇的に上げて知能をあげるものだが命の危険が非常に高いもの、とされていて、物語の重要な1ピースとなっているのですが、それはなかなか終盤までわかりません。

御隠居さんがスペース・ヒーローのごとく活躍するかというとそんなことはなく、痛快劇という要素は薄いですが、複雑に絡み合った人間それぞ載れの思惑と、恐るべき偶然の成り行きにより、彼と彼を取り巻く人々は、銀河帝国滅亡のカウントダウンに巻き込まれていくのです。

終盤こそ、アシモフらしい痛快劇になっていますが、この物語の主題はどちらかというと上記のようなディストピア社会を描くことにあるように思います。

次々舞台を変える物語は、それぞれへの好奇心を引っ張ってくれるのでなかなか刺激的でエキサイティングでした。

解説によると、アシモフ御大の代表作「ファウンデーション」シリーズを補完する外伝的な作品とのことで、ウウム、さすがにあれをそろそろ読まねばならない時期に来ているか。SFは単巻のが好きなのだが、とはいえ面白いことは折り紙付きだしなあ。どこかで買い揃えよう。

外伝とはいえ、これ1冊単独で十分以上に面白い作品でした。おすすめ。

nice!(0)  コメント(0) 

メデューサの子ら [本と雑誌]


メデューサの子ら (1981年) (サンリオSF文庫)

メデューサの子ら (1981年) (サンリオSF文庫)

  • 出版社/メーカー: サンリオ
  • 発売日: 2020/09/24
  • メディア: 文庫



ボブ=ショウをのんびり読了。まあ本編はのんびりなどと言ってられない内容ですが。

物語は二つの舞台を交互に描きながら進みます。

一報はどうも海底で水中生活を送っている種族の世界で、小規模なコロニーが人口のすべて。日々食料と空気を駆り集めることで生き延びている世界。
こちらの主人公格はどこか心が世界から逸脱しつつも、勇敢な女性であることが描かれます。

もう一方は我々の良く知る人類が海でタンパク質源を農場で育てながら島に住んでいる世界。かつてあった機械文明は徐々に後退しつつあるさまがみてとれます。

後者はともかく、前者は中盤まで人類であることに確信が持てない描かれ方で、しかし双方ともに、にわかに起きている海流の異変を軸に物語が進みます。

それぞれのはみ出し者たちはやがて不気味な知性を持つ粘制物の介在で不幸な出会いを果たし、その生物に支配されることとなります。

一方で後者の世界の政府も何やら怪しげな動きをしており、やがてこれらの陣営は折り重なり、宇宙へと飛び出し、物語は一気に加速するのです。

前に読んだショウの作品もタイトルに掲げられたワードは1度しか出てきませんでしたが、今回も一か所比喩として触れられたのみなのが、なんとも潔いというか、拘泥しないというか。

解説で、ショウの作品の真骨頂は人物の描写だとの記述がありましたが、読んでみるとなるほど。それ尾ぞれの世界の主人公格をキーに描いている面が面白くもあり、感情移入しやすいところでもありました。

なかなかにエキサイティングで刺激的な小説です。

良い読書でした。おすすめ。


nice!(0)  コメント(0) 

コミティア2020支援アンソロジー Kindle版 [アニメ・コミック・ゲーム]


コミティア2020支援アンソロジー

コミティア2020支援アンソロジー

  • 作者: コンティニュー製作委員会
  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2020/09/17
  • メディア: Kindle版



久しぶりにアマゾンレビューを書いたのでこちらにも転載。

コミティア好きには馴染みといえば馴染み。でも新鮮といえば新鮮な、たくさんの作家さんたちによる、それぞれのコミティアエピソード達。
コミティアは一般参加ですが、一次創作好きなのでコミケよりも楽しみにしているイベント。
似た思いを抱えている方々を垣間見て嬉しく思います。
好きな作家さんも居ます。初めて見た作家さんも居ます。好きな作家さんで、今はあまり作品を発表されなくなった作家さんさえ、久しぶりに素晴らしい1ページを描かれています。
読んでいて感じるのは、多様性。
正解のない、創作という世界だからこそ、それが大事であり、土壌であり、活力であると強く感じました。

素敵な一冊、ぜひお手元にどうぞ。

nice!(0)  コメント(0) 

#艦これ 2020梅雨イベ(梅雨か?)お疲れ様でした [艦これ]

日記が遅くなりましたが、提督の皆様お疲れ様でした。

万円丙提督だった無一文も今回ようやく乙提督にレベルアップ。

そのおかげか艦娘との邂逅も順調に進み、実りの多いイベントとなりました。

実り多い・・・実り多い・・・

実りは多かったが作業きつかった(げっそり

とくに秋月掘りきつかった。ドロップ率は低くないはずなのに二週間かかったなあ。帰化年長が無かったら無理でしたわね

とはいえ今回会いたかった艦娘には御蔵を別にして一通り出会えたので良かったです。

御蔵?夜戦マスS縛り小数点以下邂逅率は無理ゲーだよあれは

てなわけで今回わが鎮守府に来てくれた艦娘たちです。

キャプチャ1377.PNG
キャプチャ1380.PNG
キャプチャ1383.PNG
キャプチャ1938.PNG
キャプチャ1947.PNG
キャプチャ1954 - コピー.PNG
キャプチャ1943 - コピー.PNG
キャプチャ1963 - コピー.PNG
キャプチャ1968.PNG
キャプチャ1972 - コピー.PNG
キャプチャ1998.PNG
キャプチャ2008.PNG
キャプチャ2020.PNG
キャプチャ2025.PNG
キャプチャ2024 - コピー (2).PNG
キャプチャ2036.PNG
キャプチャ2038.PNG

一番うれしかったのは伊14との邂逅。

参入最初期のイベントで攻略できずに救助できなかったのをずっと悔やんでいて、その後今に至るまで邂逅の機会が皆無。伊13を妹に合わせてあげたかったんです。

念願叶いました。

そして今月はあと二日。うっわあマンスリー今からじゃ無理だこれは

勲章だけ拾っておくかなあ

ともあれがんばりました。

えらいぞ自分。
nice!(0)  コメント(0) 

鬼桐さんの洗濯 (3) [アニメ・コミック・ゲーム]


鬼桐さんの洗濯【カラーページ増量版/特典ペーパー付き】 (3) (バンブーコミックス)

鬼桐さんの洗濯【カラーページ増量版/特典ペーパー付き】 (3) (バンブーコミックス)

  • 作者: ふかさくえみ
  • 出版社/メーカー: 竹書房
  • 発売日: 2020/07/17
  • メディア: Kindle版



届いていたものをのんびりと読了。シリーズ三冊目です。

ふかさくえみさんの作風は前から好きですが、新作を読むたびにその思いを強くして頂けるのは何だろう、不思議な感じですね。

(主に)妖怪向けのクリーニング店を営む鬼の鬼桐さんと、人間の茶子さん(霊感?あり)のバイト物語。
ストーリーはバラエティ豊かなお客様が持ち込むそれぞれの洗濯物を、専門的な洗濯知識を織り交ぜて選択しながらお客様や洗濯物に込められた物語を垣間見るというものです。

おおむねコメディですが、キャラクターを通したふかさくさんの視点が非常に面白く、よくあるエピソードの意外な一面が垣間見れるのが毎回楽しみですね。

選択知識も確かな勉強と研究の成果で専門の選択・洗剤業の方々からも絶賛されるというすごさ。

作中の洗濯の様子も、まさに「選択とは科学だ」を地で行く感じで納得感があり、勉強になります。この辺り、漫画としては本来エブリディマジック系の本作が、ちょっとSF漫画づいてくるところですね。そういえばふかさくさんはSF描く人でした。

挙句の果てには作者が3巻までの間にクリーニングの国家資格を取得するというから、もうこれは作者が真面目に描いていることを疑うよりはありませんな。ガチです。ガチの洗濯漫画です。

おなじみなのは様々な妖怪のお客様ですが、今回特に面白かったのがヒーローのお客さん。クリーニングの視点からヒーロー業を見たことはなかったので(当たり前だ)新鮮で面白かったです。

今回は鬼桐さんのお姉さんも登場し、お話は何かの核心に近づくのか、そうでもないのか(笑

まだまだ続いてほしい物語です。でも、よろしいところでたたんで欲しい物語もでありますね。不思議です。

凄く面白かったです。おすすめ。

nice!(0)  コメント(0) 

眩暈 [本と雑誌]



お久しぶりの日記はSFノルマのお話。

とはいえ仕事が在宅オンリーになって生活リズムが変わったのと、シナリオっもう書かないのでノルマって感じではないですが。

前から読んでみたかったボブ・ショウの本が先日3冊ほど手に入ったので手始めに。

半重力飛翔具により、個人の飛行がカジュアルになった時代。

職務の結果航空からの落下で心身にひどいダメージを負った、元航空警察官のロブは、壊れ切った心を癒すために海外の知人の警官のもとに身を寄せます。

そこには巨大なタワーホテルのなりそこないがあり、珍走団の空版である暴翔族のたまり場となっていました。

物語は飛翔具による空への葛藤と、無軌道な若者、タワーの地主で在り過去の栄光にしがみつく老人、実直な知人警官を中心にめぐっていきます。

主にロブの視点で語られる物語は、傷ついた彼の心を通した世界が、回復に従って様変わりする様子がありありと描かれています。

老人の誇大妄想が警官の責務と衝突する中、ついに決定的な事件が起き、多くの人が、多くのものを失うこととなるのです。


ロブは冒頭傷つき疲れ果てているので、まるで「アルジャーノンに花束を」の冒頭を読んでいるような、世界は不明瞭なものであるといった感じを受けますが、彼が回復するにつれて、そして彼の回り、というのはすなわち彼の知人警官であるウィリーの周りの人間関係が明らかになるに連れて色彩を帯び、はっきりしてきます。

半重力装具というSFガジェットは出てきますし、読んでいくうちに、これはひょっとして物凄いギミックなのでは、という感じを受けるのですが、物語は人間の心理を追っていく内容なので、ロブという人間が個人飛行とどう対峙していくか、を克明に描いていると思いました。

序盤はそうでもなかったのですが、読み終えてみると非常な満足感を得る本です。終盤の展開が素晴らしいですね。

エキサイティングな読書でした。おすすめ。
nice!(0)  コメント(0) 

艦これ梅雨イベに突入しました [艦これ]

まずは甲スタートで。報酬がおいしいですし。

さて今回はどこまで行けますか

がんばります
nice!(0)  コメント(0) 

今週はちょっと失敗が多かったかなあ感 [雑記]

水曜日にして早くも(笑

なので微妙にへこんでたり

まあ気にしてもしょうがないし、気にしてるの俺だけだっていつものパターンだと思いますが

先週末は動いてたので、今週末は大人しく引っ込んでいるつもり

特段予定もないし、どこに出かけるのも怖いしなあ

神保町もまたいつかってところか

カレーのテイクアウトは買いに行きたいので、まあ時期を見て

うーん

なんとなくやる気が出てきてるので、銀粘土の作業再開しようかしら(作りかけのが3つある
nice!(0)  コメント(0) 

在宅石充 [ホビー]

写真なんかはツィッターに貼ったのでこちらから

https://twitter.com/takosuke2200/status/1275046101347758081

全然別のタイミングで買った石なのに、届くのが今日に集中するとか何なんでしょう(笑

通販中心で石買ってるとだんだんそういう風になりますな感

3箱届いて、3箱とも望外の上品だったのでミネラルショーでもないのに石酔いするやら

ミネラルショー行ってないから抵抗力が亡くなってるのかもしれません

広げっぱなしだと寝れないので(破損が怖い)一通りしまい込みましたが、まだ動悸がするなあ

あー、やっぱり石は良いです
nice!(0)  コメント(0) 

神田明神のんびりと [雑記]

諸事情で霊験あらたかなお守りを消耗していた母をエスコートして神田明神

自分で行くときは秋葉原に行くのとセットなので逆にルートに困るなど

結局弟のアドバイスでお茶の水から坂を下っていくルートにしました。あんまり歩かせたくないしね

母も久しぶりのお出かけということで楽しんでもらえたようです

おれも財布の中の小銭は浚えてこのご時世、我ら兄弟の仕事が無事でありますようにとお参りしてきました

このコロナ化を乗り切ったら、お礼を詩にまたお参りしないといけませんねえ

神田明神の境内は大分新しくなったので、お買い物やお茶も楽しめる空間になっています

冷たいお抹茶とまめかんなどをいただいてしばし休息。おいしゅうございました

腹ごなしに散歩。そぞろ歩きながら御茶ノ水駅まで戻りまして

お昼どうしようかと思いましたが・・・

『暑いしマスクで息苦しいし帰ろうか』

ということで意見が一致し、昼食はテイクアウトで家で済ませました

まあやはりお出かけは良いですね

ですが今年の夏は感染症の意味でも、熱中症の意味でも、なるべく閉じこもっていた方がよさそうに思いました

きっついわ(><

体力も落ちてますしねえ

秋ごろまでは大人しくしているのが良いか後、母と話したりしてました

ともあれご安全に、ですねえ
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -